オフィスづくりのお役立ち情報

狭いオフィスを広々使う4つのアイディア

2020/02/17

「入居した時にはちょうどいい広さだったのに、スタッフが増えてオフィスが手狭になってきた。」
「オフィス移転にはコストと手間がかかるし、引っ越す程じゃないんだけど…。」

このような悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃると思います。

会社の成長や事業の拡大に伴い、オフィスは狭くなっていくもの。
でも、頻繁に新しい物件へ引っ越すわけにはいきませんから、今いる事務所の空間をなるべく広く使うための工夫が必要です。

そこで今回は、オフィスの省スペース化アイディアをいくつか考えてみました。
限られた空間を有効活用して、快適なオフィスを作っていきましょう!

アイディア① デスクのサイズを見直してみる

まず注目するのは個人デスクの大きさです。
現在使用中のデスクは、実際の業務内容にマッチした横幅・奥行きでしょうか?
より小ぶりなデスクに買い替えれば、空間にゆとりを生み出すことができます。

横幅 イメージ 特徴
1000~1100mm
スリムタイプ
必要最低限の個人執務スペース。
営業職やオペレーター職に。
1200~1400mm
標準タイプ
標準的な個人執務スペース。
事務職や企画職に。
1600~1800mm
ゆったりタイプ
必要十分な個人執務スペース。
設計職や研究職、開発職に。
奥行き イメージ 特徴
700mm
標準タイプ
デスクワーク中心の職種に適しています。デスクトップPCや大型ノートPCの利用に。
600mm
浅型タイプ
外回りや出張が多く、オフィスにいる時間が少ない営業職に適しています。小型ノートPCの利用であれば、窮屈に感じることは少ないはず。

「日中は外出していて、デスクワークはメールチェックが中心」の営業マンが、横幅1600mmの【ゆったりタイプ】の机を使っている…なんてこと、実は結構あるんです。ほとんど使われていないこの空間、もったいないですよね。

デスク1台あたりの横幅や奥行きを変更することで生まれる「ゆとり」のイメージは以下の通り。
職種別のデスクサイズの見直しは、一考の価値ありです。

 

デスク1台あたりの横幅を変えると…

デスク1台あたりの奥行きを変えると…

アイディア② 共有スペースを見直してみる

デスクサイズの変更が難しいなら、共有スペースを見直すという手もあります。
オフィスにおける共有スペースは、「会議室」「応接室」「休憩室」「食堂」などのスタッフが集まって利用する空間を指します。

あなたの会社では、これらの共有スペースをフル活用できていますか?

「共有スペース」こんな状態になっていませんか?
  • 会議室の利用は月に2回だけ。
  • 来客は少なく、応接室での商談機会はそれほど多くない。
  • ランチタイム以外、食堂は閑散としている。
  • 休憩室を使っているのはいつも決まったメンバーだ。
  • いくつか当てはまるという方が多いのではないでしょうか。
    このように、共有スペースが最大限に有効活用されているというケースは案外少ないもの。
    そこでご提案するのが、「空間に複数の用途を持たせる」というアイディアです。

     

    「会議室」に「応接室」の用途を兼ねる

    会議室で使用中のOAチェアをメッシュタイプからレザータイプに変更。重厚感・高級感が出るので、来客をもてなす応接室としても使えるようになります。応接室は空きスペースに。


    チェアを置き換えるだけで、会議室と応接室の兼用スペースが完成。

    「食堂」に「会議室」「休憩室」の用途を兼ねる

    ソファーや観葉植物を配置して食堂をカフェ風に改装。賑わうお昼時以外には、オープンな雰囲気の「ミーティングスペース」や「リラックススペース」としても利用できるようにします。従来の会議室や休憩室は空きスペースに。


    食堂スペースとして。

    ミーティングスペースとして。

    リラックススペースとして。

    アイディア③ 背の高い壁面書庫を導入してみる

    背の高い壁面書庫を使って、縦の空間を有効活用するのも効果的です。

    画像引用:コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部

    上下に組み合わせて使うオフィス用壁面書庫の高さはおよそ2メートル。
    壁際の一画に配置すれば、床から天井までの空間を収納スペースとしてたっぷり使うことができます。
    ロータイプの棚やカラーボックスなどの収納アイテムが床面積の多くを占めているなら、それらを廃止することでオフィスが広くなるかもしれません。

    省スペースな書庫選びのポイント

    「両開き」や「ラテラル(引き出し)」タイプは書類の出し入れが簡単で便利ですが、書庫の手前に十分なスペースを確保しなければなりません。

    両開き書庫 ラテラル書庫

    スモールオフィスには、扉のない「オープン」タイプや、扉をスライドして開閉する「引違い」タイプがオススメです。

    オープン書庫 引違い書庫
    画像引用:コクヨ株式会社 ファニチャー事業本部

    収納物のサイズに適した奥行きの書庫を選ぶのも効果的です。
    「A4タテのフラットファイルやボックスファイルしか収納しない」という場合であれば、奥行き400mm(標準よりも浅め)でもしっかり格納することができます。

    アイディア④ 書類を電子化してみる

    すでに壁面書庫は使っているけど、これ以上台数を増やすのは難しい…という方は、書庫の中身を減らしていきましょう。紙の書類をスキャンして、電子データとして保存する方法です。

    いわゆるペーパーレス化は「コピー用紙の購入コストが削減できる」「必要な書類が探しやすくなる」「セキュリティを強化できる」「環境にも優しい」など、メリットがたくさん。

    PDFなどのデジタルファイルによる書類管理を徹底することで、新たに発生する紙資料の量を大幅に削減することができます。
    ゆくゆくは書類を収納する書庫そのものが不要になり、広々とした空間を手に入れることができるかも…?

     

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    それほど予算をかけずとも、上手に空間をやりくりすれば、広々とした快適オフィスを作ることができます。
    まずは現状のオフィスの状態をじっくり観察し、削減できるスペースを見つけてみましょう。

    利用者である従業員の意見も取り入れながら、業務内容に適した働きやすい環境を整えられるといいですね。

     

     

    対応エリア

    宮城県仙台市 宮城県富谷市 宮城県塩竈市
    宮城県多賀城市 宮城県名取市 宮城県岩沼市 

    上記以外の地域のお客様もお気軽にお問い合わせください。

    お見積り依頼・お問い合わせは

    運営会社 株式会社白木屋

    back to top