オフィスづくりのお役立ち情報

OAフロアとは?主な種類とメリット・デメリット

2019/11/15

OAフロアとは、電話線やLANケーブル等の配線のために設けられた二重構造の床のこと。
「フリーアクセスフロア」や「二重床」と呼ばれることもあります。

画像引用:共同カイテック株式会社

ひとくちにOAフロアと言っても、その構造や材質は様々。
そこで今回は、オフィスで用いられる一般的なOAフロアの種類と、それらのメリット・デメリットについてご紹介いたします。

OAフロアの利点

オフィスの床をOAフロア化する一番の利点は、電話線やLANケーブルなどの配線が床下に収納されることで、快適な足元環境を叶えられることです。
むき出しの配線に足を取られてケガをしたり、ケーブル破損によって大事なデータを飛ばしてしまったりするリスクを大幅に削減することができます。

OAフロアでない事務所
・ケーブルが散乱して見た目が美しくない。
・露出した配線に躓いてケガをする恐れがある。
・ケーブルが断線してデータが失われる危険も。
・掃除が面倒。
OAフロア化した事務所
・ケーブルが全て床下に収納され、見た目スッキリ!
・露出配線がないので、通行も安心。
・断線によるデータ損失の心配もなし。
・掃除が簡単。

設置方法別 OAフロアの種類

OAフロアの設置方法は、「支柱調整式」と「置敷式」との二つに大きく分類されます。

高さ調節可能な支柱の上にパネルをのせて設置するのが「支柱調整式」。
一方、タイルのように敷き詰めて設置するのが「置敷式」のOAフロアです。

関連記事で更に詳しく

「OAフロア工事」ってどんなことをするの?施工手順をわかりやすく解説

「どのくらい時間がかかる工事なの?」「今使っているこの部屋にもOAフロアは導入できるの?」「安く済ませる方法はないの?」アナタの疑問を解決いたします。OAフロア工事をご検討中の方、必見!

2019/11/18

読む

支柱調整式 OAフロアの特徴

画像引用:フクビ化学工業株式会社

支柱調整式OAフロアのメリット・デメリット

支柱調整式のOAフロアには、以下のような特徴があります。

支柱調整式のメリット ・配線の容量が多い。
・配線の自由度が高い(ななめ配線が可能)。
・ガタツキがなく歩行感が良好。
・細かな高さ調節が可能で、下地の床が水平でなくてもOAフロアは水平に施工できる。
・支柱が床に固定されるため、耐震性が良い。
支柱調整式のデメリット ・敷設後の配線変更に手間がかかる。自力でのメンテナンスが難しい。
・置敷式に比べて高価。

支柱調整式OAフロアの材質

支柱調整式のOAフロアは、主にアルミやスチールといった金属素材で作られています。

アルミ製の
特徴
・軽量なので建物に重さで負担をかけることがない。
・高強度で歩行感に優れている。
・磁気の影響を受けない「非磁性体」なので繊細な電子機器を多く使用するオフィスには最適。
・産廃処理を必要としない素材。不要になった際にはリサイクル・リユースのために製品を引き取ってくれるメーカーもあり。
スチール製の
特徴
・重量があり、どっしりしているので歩行感に優れている。
・耐荷重の種類が豊富で、オフィスフロアには3000N、サーバールームには6000Nなど、使用場所によって適切な耐荷重モデルを選ぶことができる。

置敷式 OAフロアの特徴

一方、敷き詰めて設置する「置敷式」のOAフロアは、構造別に二つのタイプに分類されます。

溝に沿って配線を行い、上からカバーをかぶせてケーブルを保護する「溝配線タイプ」と、
パネルと支柱が一体になっている「溝なし脚付きタイプ」です。

溝配線タイプのOAフロアのメリット・デメリット

画像引用:フクビ化学工業株式会社

溝配線タイプ
のメリット
・敷設後の配線変更が容易。
・安定感があり歩行感が良好。
・ビスの打ち込みがないので建物を傷つけない。
溝配線タイプ
のデメリット
・配線の容量が少ない。
・溝に沿った配線(たて・よこ配線)しかできない。
・高さ調節ができないため、下地となる床が水平でなければOAフロアも水平にならない。
・パネルと床を固定するわけではないので、支柱式と比べて耐震性はやや劣る。

溝なし脚付きタイプのOAフロアのメリット・デメリット

画像引用:フクビ化学工業株式会社

溝なし
脚付きタイプ
のメリット
・溝配線タイプと比べて配線の自由度が高い(ななめ配線が可能)。
・複数の床高がラインナップされているので配線容量に応じたモデルが選べる。
溝なし
脚付きタイプ
のデメリット
・敷設後の配線変更や組み換えには手間がかかる。
・歩行時にガタツキや空洞音が気になる場合がある。
・高さ調節ができないため、下地となる床が水平でなければOAフロアも水平にならない。
・パネルと床を固定するわけではないので、支柱式と比べて耐震性はやや劣る。

置敷式OAフロアの材質

溝配線タイプのOAフロアは、コンクリートまたは樹脂で作られることが一般的です。
一方、溝なし脚付きタイプのOAフロアは、そのほとんどが樹脂製です。

コンクリート
製の特徴
・歩行時の空洞音はほとんど気にならない。
・通信不良や機械誤作動の原因とされる「ノイズ」対策がしやすい。(ノイズの発生元となる電源配線とLANケーブルとの距離を出来るだけ離して敷設することができるため。溝構造により配線のルート分けが容易な上、コンクリートがノイズの影響をブロックしてくれるので、通信トラブルが起こりにくい。)
樹脂製の特徴 ・コンクリート製と比べて安価。
・軽量で扱いやすく施工がスピーディー。
・重さによる建物への負担が少ない。
・耐荷重は低いので、重量のある機械を載せると変形の恐れがある。
・コンクリート製と比べて(特に溝なし脚付きタイプは)歩行感が劣る。

まとめ

ここまで、OAフロアの種類や特徴についてご紹介してきました。
主要なポイントを整理すると、以下のようになります。

支柱調整式 置敷式
溝配線タイプ 溝なし脚付きタイプ
金属製 コンクリート製 樹脂製
床高調整 ★★★ ☆☆☆
配線容量 ★★★ ☆☆ ★★
耐荷重 ★★★ ★★ ☆☆
配線変更の容易さ ☆☆ ★★★ ☆☆
歩きやすさ ★★ ★★★ ★★ ☆☆
お求めやすさ ☆☆ ★★ ★★★

配線量が標準よりも多めのオフィスには、支柱を調整して床下スペースを広くとることができる「支柱調整式」がおすすめ。
コストが気になる場合には、脚部分の高さが75~100mmある「置敷式・溝なし脚付きタイプ」のモデルを選ぶのもいいでしょう。

標準的な配線量のオフィスであれば「置敷式」の配線容量でも充分対応可能です。
頻繁にデスクや機械の移動が予想されるなら「置敷式・溝配線タイプ」が、配線変更の機会が滅多になさそうなら「溝なし脚付きタイプ」がおすすめです。

重要視するポイントを抑えて、最適なOAフロアをお選びください!

 

  

対応エリア

宮城県仙台市 宮城県富谷市 宮城県塩竈市
宮城県多賀城市 宮城県名取市 宮城県岩沼市 

上記以外の地域のお客様もお気軽にお問い合わせください。

お見積り依頼・お問い合わせは

運営会社 株式会社白木屋

back to top